ニュース

近づくAI時代 翻訳会社が 存在する 理由

21-03-29 12:36

4512262d8cbad9cbd17eeab8847f5a2e_1616988925_9203.PNG



際社での活動に欠かせない領域であり、全世界の翻家が存在する理由です。

機械翻技術の達により、翻訳会社が機械翻に取って代わるという見通しにもかかわらず、どのように翻訳会社が存在するのでしょうか?

 


 

支援

機械翻は翻自体に集中するため、翻物をすぐに確認することができますが、誤を修正したり、その他の確認が必要な場合には、別途の追加努力をしなければなりません。 しかし翻家に翻を任せれば担PMが納品が終わった況でも確認できる部分は最大限補完してくれます。

 

 

追加的なサビスと情報提供

最近の翻訳会社は、翻だけでなく追加でDTPTWSIなど追加のサビスを同時に提供することが多いです。 したがって、翻家に任せると、たまに翻家から翻以外の有用な情報を得る機があり、翻と同時に提供できるサビスがある場合には、より低格でサビスを利用することができます。

 

 

門的な翻ビスの提供

一般的に、翻家に提供される翻ビスは、門家のヒュマン翻と、機械翻後に言語の門家が後編集をするMTPEに分けられます。 その他にも、翻を必要とする況にじて、純翻、翻と監修、翻+監修+ネイティブスピによる討など、より門的なサビスレベルを選ぶことができます。

 

 


以上近づいてくるAI時代にも翻家が存在する理由でした。

語の略的な意味だけを把握するためには、Googleのような機械翻ビスを利用しても問題ありません。 しかし、より門的な際舞台での活動、特に事業又は業務交流を目的としているのであれば、機械翻だけに依存するのではなく、より質の高いサビスを提供してもらえる翻訳会社を通して行うことをく推いたします。

 
첨부파일
첨부파일이 없습니다